自宅でヨガ。やる気が出ないときの対処法。

ティーンエイジャーの頃から、自宅でヨガをしています。
若い頃は「痩せたい」の一心でしたが、30歳を超え現在では、
体の調子を整えたりリラックス感を得る事に、重点を置いています。
夜寝る前にヨガをしていますが、疲れすぎていると、
ヨガをする気力も沸かないときがあります。
そんな場合は無理をしなくて良い、ということにしています。
けれどもヨガをするかしないかで、翌日の調子が違ってくるので、
出来れば毎晩したいと思っています。
そこでやる気が出ない日には音楽をかけて、軽くテンションを上げるようにしています。
音楽といっても、クラシックやポップスでは、そのときの気分に余程マッチしていなければ、
かえって耳障りになります。
やはりヨガには、リラクゼーション系のCDが良いです。
リラクゼーション系のCDは3枚持っていますが、
その中で自分にピッタリだと思うCDは、1枚だけです。
どうやらリラクゼーション系のCDには、誰でもリラックスさせる、
洗脳の効果があるわけではないようです。
だから自分と相性の良いCDを選ぶことが大切です。
それでも、どうしてもやる気が出ない日もあります。
ヨガをやる気がしないときには大抵、呼吸が浅くなっています。
多くのヨガのテキストには、呼吸を自分の思い通りにコントロールできれば、
体や心の調子を整えられる、という趣旨のことが書いてあります。
私の実感としては無理に深い呼吸をしても、すぐにやる気が出てくるわけではありません。
けれども疲れたりストレスがたまっているときには、
深い呼吸をするだけでも、胸のあたりがスッキリとしてリラックス効果があります。